VODサービス比較

dTVは月額500円!無料期間31日間!おすすめな点と残念な点を紹介

dTVはドコモが運営するサービスで月額500円(税込み540円)という格安のVOD(動画配信サービス)です。無料期間も31日間と他社と比較しても長いのも魅力の一つだと思います。

dTVのサービスの詳細と実際に使ってみた感想などを書いていきますので参考にして下さい。

dTVの動画見放題サービスの概要

dTVは、月額500円で12万作品が見放題という圧倒的なコスパを誇るドコモのサービスです。価格がVOD相場の月額1000円前後から比較しても格安ですが、それ以外にも魅力がありますのポイントをお伝えすると

月額500円と安価
アーティスト動画に強み
VODの基本コンテンツは弱め
オリジナル作品が充実
倍速再生が可能
全ての作品がダウンロード可能

この5点が特徴となります。

月額500円という圧倒的な料金の安さがウリ!

dTVのウリは何といっても月額500円という圧倒的な安さです。他サービスは1000円前後が多いですが、それと比較しても作品数が特別少ないわけではないです。

無料期間も31日間ありますので、月額1990円と高額なU-NEXTと同等な無料期間の設定です。ちなみにHuluの無料期間は2週間です。

コスパ重視の方にはかなりオススメ出来るサービスです。

アーティストのライブ動画などの音楽作品が強い

dTVの強みとしては、エーベックスを中心とした音楽アーティストのライブ動画などが充実している点です。

引退した安室ちゃんのライブ動画などを筆頭に絢香、AAA、福山雅治、平井大、RYO the SKYWALKERなど様々なアーティストのライブ動画などが見れます。

洋楽のアーティストもあるので音楽好きにはたまらないと思います。

映画やドラマなどの基本コンテンツは弱め

dTVは業界最安値と言えるコスパがウリですが肝心のVOD基本コンテンツは正直弱めです。

VODの基本的なコンテンツとしては、一般的には映画やドラマが該当すると思いますが、もちろん見れる作品もありますが安いなりのラインナップという感じは正直否めませんので、最新映画などを見たい方は、HULUやU-NEXTを検討する方が良いと思います。

一方でオリジナルドラマやバラエティなどは充実

映画やドラマは弱い一方で、dTVには「オリジナル」というカテゴリーがあります。
その中のドラマやバラエティなどは充実していると感じます。

闇金ウシジマくんやパパ活、彼氏をローンで買いました、などは面白いですし、バラエティ番組のオリジナル企画のゴットタンdTVオリジナル、サンドウィッチマンのぶらり即席コントの旅DX、トゥルルさまぁ~ず、なども爆笑必至です。

こういった破壊力のあるオリジナルコンテンツがあると離れられなくなるあたり、dTVはよく分かっているなと感心したものです。

倍速再生が可能

dTVは1.5倍、2倍の倍速再生が出来ますので、作品を一気見したい場合などには便利です。

注意点として、倍速再生が出来るのはパソコンから視聴した場合のみです。

全作品ダウンロード可能なので外出先でも楽しめる

dTVは全作品がダウンロード可能です。これはどういうことかというと、スマホで外出先・移動中などに動画を見たい場面があると思います。

でも、Wi-Fi環境がないと厳しい部分もあると気軽に見れないですよね?

そんなときにあらかじめWi-Fi環境でダウンロードしておけば、ネット接続不要なオフライン状態でも動画を見ることが出来ます。

他のVODでもダウンロードは出来ますが、全作品に対応しているのは、おそらくdTVだけだと思います。ですのでこのメリットは大きいと思います。

見放題作品とPPV作品について

dTVはHuluとは違い全作品が見放題なわけではないです。

Huluは全作品が見放題というシンプルな料金体系がVOD初心者に人気ですが、dTVの場合には一部作品は有料となります。

有料作品はドコモユーザーならほとんどの人が持っているdポイントを使うことが出来ます。

dTVのラインナップを紹介

dTVの作品カテゴリは、洋画、邦画、アニメ、海外ドラマ、国内ドラマ、韓流・華流、フィットネス、ガールズ、キッズ、教養・バラエティ、シアター、オリジナル、音楽、ショートショート、レンタル、ニュース、注目のキーワード、という分類です。

特徴的な点は、「フィットネス」、「ショートショート」です。

「フィットネス」は、ダイエットやエクササイズの動画です。TRFのビデオもあります。「ショートショート」は10分程度の短編映画のことです。

各ジャンルの視聴できるコンテンツを紹介します。

映画

映画に関しては、dTVは弱い傾向がありますがそれでも洋画、邦画共に見れる作品はそれなりにはあります。

見放題動画では、洋画約1900点、邦画約960点と洋画の方が多いです。

洋画では、ラ・ラ・ランド、スノーホワイト、チャーリーとチョコレート工場、タイタンの逆襲、ワイルド・スピードなどが見れます。邦画では、銀魂、ヘルタースケルター、大奥、タイヨウのうた、リング、ピンポン、GOEMON、などが面白かったです。

最新作は見れないですが、過去のヒット作に関してはある程度そろっていますので、映画は程々でも良いというのであれば許容できるかもしれません。

最新作を見たい場合には、有料になりますがU-NEXTが充実しています。

ドラマ

dTVはドラマに関しては、偏りが強いと言えます。

アメリカのFOXチャンネルをリアルタイムに見れるというのは好きな人にはメリットがあります。海外ドラマ好きな人にとっては合う作品が多ければdTVは間違いなくオススメ出来ます。

さらに、韓流ドラマや中国ドラマも充実しています。これは、Huluの弱いポイントですので参考にして下さい。ちなみに韓流ドラマはU-NEXTも強いです。

無料トライアルは31日間と長い!

dTVの無料トライアル(無料期間)は、月額500円の格安サービスにも関わらず、31日間と長いです。これは、VODの中では高級の部類になるU-NEXTと同様の無料期間です。

※U-NEXTは雑誌やアダルト動画が見れるなどの他にないエッジの利いた強みがありますので、高くても充実したコンテンツを楽しみたい方は検討されると良いと思います。

dTVは無料トライアル期間内に解約すれば無料でサービスを体験することが出来ます。これは他のVODサービスも同様ですので、一通り各サービスを無料で体験するのも良いと思います。

ただ、dTVは無料トライアルで制限なく利用できるわけではないのが注意点です。一部は有料会員にならないと利用できないです。

この点は、他のVODでは無料期間でも制限なく利用できるものが多いのでdTVの弱みにはなります。

dTVのネット上の口コミと私の評価を比較

dTVのネット上の口コミと私が実際に使ってみて感じた評価を比較しコメントをします。

ネット上の悪い口コミや評判

悪い口コミや評判をまとめると、だいたいこの4点です。

◆見たい作品は有料ばかりだった
◆海外作品が少ない
◆作品の入れ替えで見れなくなってた
◆新作がほぼない
◆見たい作品は有料ばかりだった

有料作品がそれなりにあるのは事実です。

見たい作品が見放題なのか、有料なのかを無料トライアルで試してみて判断してみるのが良いと思います。

映画の新作などは有料になりますし、数も多くありません。

基本的には映画の新作は他のVODでも有料ですので、新作映画を有料で見たいならば、本数の多いU-NEXTが良いと思います。

◆海外作品が少ない
dTVの海外作品は基本的に弱いです。
海外作品が好きな人は、HuluかU-NEXTがオススメです。

◆作品の入れ替えで見れなくなってた
dTVに限った話ではないですが、VODサービスでは配信期限のある作品も割とあります。

その為、見たい作品が見放題で後で見ようと思っていたら、配信期間が終了して見れなくなっていたということも起きます。

これは仕方ないことですので、VODサービスとはこういうものだとあらかじめ理解しておく必要があります。

◆新作がほぼない
dTVは新作がほぼないと言ってもいいかもしれません。もちろんありますが、新作を目的にdTVを利用するのは全くオススメできません。

新作狙いならばU-NEXTやHuluが良いでしょう。

dTVはコスパ重視で旧作を中心に見たいという方にはオススメ出来ますが、そうでない場合には他のVODサービスの方が良いでしょう。

ネット上の良い口コミや評判

◆圧倒的に安い!
◆アニメに強い
◆旧作の映画は豊富
◆アーティスト動画に強い

良い口コミや評判をまとめると、だいたいこの4点です。

◆圧倒的に安い!
dTVは月額500円のワンコインという圧倒的な安さです。その上作品数も多いですので、旧作を中心に見たいということであれば、かなりオススメ出来ます。

◆アニメに強い
dTVはアニメに強いのは事実です。特に子育て世代の方にとっては、子どもを泣き止ませたり、大人しくさせたい場合にありがたいです。

月額500円でこれだけ充実しているというのは非常に助かります。

◆旧作の映画は豊富
旧作の映画は本当に豊富です。

映画好きだけど、「当時忙しくてあまり見れなかった」といった経験がある方も多いと思います。

あの時見れなかった作品の多くが見放題で楽しめるメリットは大きいです。

◆アーティスト動画に強い
アーティスト動画は、dTVの圧倒的な強みの一つです。

好きなアーティストのライブ動画やdTV限定の動画などがあれば、かなりオススメ出来ます。

無料トライアルの申込方法は簡単!

dTVに少しでも興味があるのでしたら、一度無料トライアルで体験してみることをオススメします。

申込方法も簡単ですし、31日以内に解約すれば1円も取られませんので、気軽に使ってみるのが良いと思います。

気に入れば月500円ですし、合わなければ他のVODサービスでも無料トライアルをしていますので、そちらを検討すれば良いだけです。

決済方法

決済方法は、ドコモユーザーの場合のも、携帯キャリア決済とクレジットカードから選択できます。

それ以外の方は、クレジットカード決済のみです。

dTVの解約方法

登録から31日までの間は無料お試し期間ですので、その期間内に解約すれば1円もかかりません。

あらかじめ解約方法を眺めておいて、解約が全く難しくないことを理解して安心して無料トライアルに申し込んで頂ければと思います。

dTVの解約は本当に簡単です。

トップページの上部にある「アカウント」の項目をクリックします。

するとメニューが表示されますので、そこで「退会」が出てきます。

そのまま進むと次のページで利用規約が出てきますので、同意して解約するボタンをクリックする流れです。

解約は非常に簡単ですし、違約金等のトラップもありませんので無料トライアルは安心して申し込んで大丈夫です。

まとめ

dTVのまとめ

dTVは月額500円という最強レベルのコスパが魅力です。

旧作やオリジナルコンテンツなどは充実していますが、最新映画などは乏しいので、
人によって評価が大きく分かれるサービスだと思います。

結局は、自分が見たい作品がどれだけあるかどうか次第だと思います。

リスクのない31日間の無料トライアルがありますので、検討されている方はまずは無料トライアルを利用してみてはいかがでしょうか。